ノーミートというのは肉食をやめるということです。
それによってどの様なメリットがあるのでしょうか。

肉食の材料の多くは家畜として育てていますね。
家畜が食べるものは主に穀物です。
牧場を作るためには森林を伐採しなければなりません。
さらに牛や豚の為の食糧が必要になります。
その穀物を飢餓に苦しんでいる人にまわすことができないでしょうか。

人間は肉を食べなくても生きていけますから、わざわざ家畜を育てて殺して食べなくてもよいのではないか、というのがノーミートの考え方です。
ちなみに12月24日は「ノーミートデー」です。

「ノーミート」というのは、あまり聞きなれない言葉かもしれません。
ストレートに、肉を使わない料理と解釈してください。

ベジタリアンというわけではないようです。
肉や魚は生きているものを殺して食べることになるので、食べないようにしたいという主張です。

しかし、植物は殺しても良いのかという疑問は残ります。
世の中で、他の生物を食べないことはあり得ませんから。

ちょっと現実離れした論理です。
それよりも、自分の身体のことを考えて、野菜中心の食事にしよう、という方が納得できます。

肉や魚を食べないで我慢するという考えではなくて、野菜だけでも美味しく食べようと言うのが基本です。

↑このページのトップヘ